Blog&column
ブログ・コラム

不動産取引に関してトラブルになったらどこに相談すればいい?

query_builder 2021/11/22
コラム
24
不動産取引には沢山のトラブルが潜んでいるのはご存知でしょうか?
手数料やローンに関する金銭トラブルや入居後に起こった隣人トラブルやいわくつきの部屋の噂など。
こんな事態になったら、私たちは一体どこに相談すればいいのでしょうか?
今回の記事では、不動産取引に関する相談先について紹介します。

▼不動産取引に関する相談先について
「不動産取引に関してトラブルになった!」と感じたら、相談する前に落ち着いて以下の事を行ってください。
・不動産取引に関する契約内容の確認する。
・トラブルの経緯を記録する。
・証拠の画像が必要な場合は写真を撮る。

以上の事を確認し、記録した上で相談する必要があります。
相談先については下記の通りです。自分の事情や状況にあったところを選んで下さいね。

■相談先一覧
・国民生活センター(消費生活センター)
消費生活センターの特徴はサービスなどの消費生活全般に関する苦情や問い合わせを受け付けている場所です。
相談をするにあたって、住所・氏名・電話番号・性別・年齢・職業などの個人情報を聞かれます。
相談するにあたっては通話料金がかかるので、きちんと話をまとめてから相談しましょう。

・住まいるダイヤル
住まいるダイヤルの特徴は請負や売買などで取得した住宅に関する相談などに1級建築士を持つ相談員が対応してくれます。
電話での相談や実際に会ってお話しする対面式での相談ができます。
場合によっては住宅紛争(トラブル)の解決に向けた手続を案内されます。

電話したい場合は全国どこからでも通話可能ですが、通話料金がかかります。
事前にトラブル対応ナビで困っていることに近い相談事例を確認し、相談内容をまとめておくことをおすすめします。

・法テラス
法テラスは法的トラブルを解決するために国が設立した「総合案内所」です。
弁護士に相談できない人やトラブル解決のための専門家が近くにいないという問題を解消するために設立されました。
相談は電話やメールなどで受け付けています。
困っている内容に関する法律や制度を教えてくれたり、適切な相談窓口の紹介などを行っていますよ。

・首都圏不動産公正取引協議会
不動産の広告についての苦情のみを受け付けている場所です。

以上が、不動産取引のトラブルが発生した時の相談先です。
落ち着いて原因を見極め、どこに連絡することが最適か考えてから連絡して下さいね。

NEW

  • 机上査定と訪問査定の違いとは?

    query_builder 2021/08/05
  • 不動産取引に関してトラブルになったらどこに相談すればいい?

    query_builder 2021/11/22
  • 賃貸アパート・マンションの空室対策について解説

    query_builder 2021/11/15
  • 一般媒介契約とは

    query_builder 2021/11/08
  • 契約締結の注意点について

    query_builder 2021/11/01

CATEGORY

ARCHIVE