Blog&column
ブログ・コラム

契約締結の注意点について

query_builder 2021/11/01
コラム
21
両者が合意して実現する約束を契約といい、契約や条約、協定について両者が合意することを締結といいます。
契約書締結の注意点についてご存じでしょうか?
今回は、一般的な契約締結の注意点について簡単にご紹介していきたいと思います。

▼契約と締結の違いとは
■契約
当事者の間でする約束のことです。
口約束ではなく、書面にしっかりサインをし法律上の権利義務を発生させます。
法的な拘束力があり、ビジネスシーンや賃貸の際に結びます。

■締結
契約を結ぶことを締結といいます。
話がまとまって、取り決めの内容に対して当事者同士が合意をすれば契約締結になります。

▼一般的な契約締結の注意点
契約書を締結する時には、契約書の意味や役割に注意しながら、有益な条項を考えていくことが一番大切になってきます。
しかし意識しすぎて、事業の発展に支障をきたしては意味がありません。
また、全取引の契約書をしっかり締結しようとすると時間がかかってしまいます。
一部の契約以外は、口頭での約束で成立するので絶対に契約書作成が必要なわけではありません。
契約の内容を証明しないといけない時には、契約書の作成は必ず必要になります。
大切な事業の取引やリスクが大きい取引の時には、コストや時間をかけて慎重に契約書を締結するようにしましょう。
一方でリスクの低い契約の時には、発注書や請求書などの書類でも大丈夫なことが多いです。

▼まとめ
契約締結の注意点について、少しは分かっていただけたでしょうか?

東村山市で不動産のことなら株式会社西源にご相談ください。
不動産の種類は関係なく対応できるノウハウがあり、物件売買や土地活用など、お客様一人ひとりのご要望に合わせて最適なサービスを
ご提供いたします。

NEW

  • 机上査定と訪問査定の違いとは?

    query_builder 2021/08/05
  • 不動産購入時のローンの考え方

    query_builder 2022/01/22
  • より良い条件で土地を売りたい時は?

    query_builder 2022/01/15
  • 土地売却には仲介手数料が必要?

    query_builder 2022/01/08
  • 土地の値引き交渉は可能?

    query_builder 2022/01/01

CATEGORY

ARCHIVE